介護保険制度のしくみ

介護保険制度は、わたしたちの住む古賀市が保険者となって運営します。40歳以上の人が被保険者(加入者)となって保険料を負担し、介護が必要と認定をされたときには、費用の一部(原則として1割)を支払って介護サービスを利用するしくみとなっています。
また、地域包括支援センターでは、高齢者やその家族のみなさんからの介護や福祉についての相談や支援も行っています。
介護保険のしくみ

介護保険に加入する人は40歳以上の人です

第1号被保険者
65歳以上の人
第2号被保険者
40歳以上65歳未満の人
介護や支援が必要と認定された場合にサービスを利用できます 【国民健康保険や 職場の医療保険に加入している人】
介護保険の対象となる病気(特定疾病)により、介護や支援が必要と認定された場合にサービスを利用できます

特定疾病とは…

以下の16種が定められています。
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 多系統萎縮症
  • 初老期における認知症
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 関節リウマチ
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • がん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき、回復の見込がない状態に至ったと判断したものに限る)

こんなときは届け出をしましょう

65歳以上の人(第1号被保険者)は、次のようなときに届け出が必要です。市役所市民国保課に届け出てください。
  • 他の市区町村から転入したとき
  • 他の市区町村へ転出するとき(※)
  • 古賀市内で住所が変わったとき(※)
  • 氏名が変わったとき(※)
  • 被保険者が死亡したとき(※)
  • 外国人の方が65歳になったとき
※印の場合は保険証を添付して届け出てください。
介護保険の加入者には医療保険の保険証とは別に一人に一枚の介護保険の保険証(被保険者証)が交付されます。
この保険証は介護保険の被保険者である証明書であるとともに、介護サービスを利用するときなどに欠かせないものです。大切に扱いましょう。

保険証が交付されるとき

65歳以上の人
(第1号被保険者)
65歳以上の人にはみなさんに保険証が交付されます。新たに65歳になる人には、65歳に到達した月に交付されます。
40歳以上65歳未満の人
(第2号被保険者)
要介護・要支援の認定を受けた人に交付されます。
※介護保険の被保険者証は、被保険者一人ひとりに各々一枚の保険証が発行されます。

保険証はこんなときに使います

保険証は、要介護認定の申請やサービスを利用するときなど、介護サービスの利用には欠かせないものです。忘れずに提示しましょう。
※病気やけがなどで医療機関に受診するとき(診察や治療、投薬など)は、今までと同じように医療保険の保険証(健康保険証)を提示します。
要介護認定の申請 要介護認定の申請(新規・更新・区分変更)をするときに提出します。
介護サービス計画の作成 介護サービス計画の作成依頼を市区町村に届け出るとき、また事業者に計画作成を依頼するときに提示します。
介護サービスの利用 在宅サービス、施設サービスを利用するときは、事業者や施設に提示します。

保険証の記載内容を確認しましょう

介護保険の保険証には、要介護認定の結果など介護サービスを利用するための大切な情報が記載されています。必ず確認しておきましょう。

保険証の記載内容

保険証の記載内容

保険証の記載内容

問い合わせ先

介護支援課(サンコスモ古賀内)
介護保険係 電話:092-942-1144 Eメール:kaigo@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook
Instagram