障害者総合支援法

障害者総合支援法による新しいサービスのしくみ

複雑に組み合わさっていた福祉サービスが一つになり、総合的に障害者の地域での自立した生活を支援します。

障害福祉サービスの利用方法について

障害福祉サービスを利用するためには、事前の申請等の手続きが必要になりますので、福祉課障害者福祉係までご相談ください。

1.相談・申請
障害者福祉係または、相談支援事業所(古賀市障害者生活支援センター「咲」)に相談します。サービスが必要な場合は、障害者福祉係に申請します。

2.調査
障害者または障がい児等の保護者と面接して、心身の状況や生活環境などについて調査を行います。

3.サービス等利用計画案の作成
相談支援事業所等において、当該障がい者等が受けようとするサービスの内容、利用目的、心身の状況、環境等のサービス利用に関する意向その他の事情を勘案し、利用計画案を作成します。

4.審査・判定
調査の結果および医師の診断結果をもとに、古賀市の審査会で審査・判定が行われ、どのくらいの支援が必要な状態か(障害支援区分)が決められます。

5.決定(認定)・通知
障害支援区分やサービス等利用計画案をもとに支給量などが決定され、「障害福祉サービス受給者証」が交付されます。

6.事業者と契約
サービスを利用する事業者を選択、利用に関する契約をします。

7.サービスの利用開始
受給者証を提示してサービスを利用し、原則として利用者負担(1割)を支払います。

障害福祉サービスの概要

障害福祉サービスは、在宅にて受ける訪問サービス、自宅から施設に通所して利用するサービスと、施設に入所して利用するサービスがあります。

訪問系サービス…在宅でサービスを受けたり、施設に短期間、滞在するサービスです。
サービス名給付の種類サービス内容
居宅介護(ホームヘルプ) 介護給付 自宅で入浴や排せつ、食事の介護等を行います。
重度訪問介護 介護給付 重度の肢体不自由者で、常に介護を必要とする人に、自宅における介護、外出時の移動支援などを行います。
同行援護 介護給付 視覚障害によって移動困難がある人の外出支援を行います。
行動援護 介護給付 自己判断能力が制限されている人が行動するときに、危険回避するために必要な支援、外出支援を行います。
重度障害者等包括支援 介護給付 介護の必要性がとても高い人に、居宅介護等複数のサービスを包括的に行います。
短期入所(ショートステイ) 介護給付 自宅で介護する人が病気の場合などに、短期間、夜間も含め施設で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います。

日中活動系サービス…施設で昼間の活動を支援するサービスです。
サービス名給付の種類サービス内容
療養介護 介護給付 医療と常時介護を必要とする人に、医療機関で機能訓練、療養上の管理、看護、介護及び日常生活の世話を行います。
生活介護 介護給付 常に介護を必要とする人に、昼間、入浴、排せつ、食事の介護を行うとともに、創作的活動または生産活動の機会を提供します。
 児童発達支援
放課後等ディサービス
通所給付 障がい児に、日常生活を営むために必要な訓練、創作的活動及び放課後や夏休みの長期休暇の居場所づくりを行います。
 保育所等訪問支援 通所給付 保育所等を訪問し、集団生活への適応のための専門的な支援等を行います。
自立訓練(機能訓練・生活訓練) 訓練等給付 自立した日常生活または社会生活ができるよう、一定期間、身体機能または生活能力の向上のために必要な訓練を行います。
就労移行支援 訓練等給付 一般企業等への就労を希望する人に、一定期間、身体機能または生活能力の向上のために必要な訓練を行います。
就労継続支援
雇用型(A型)
非雇用型(B型)
訓練等給付 一般企業等への就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識および能力の向上のために必要な訓練を行います。

居住系サービス…入所施設で住まいの場としてのサービスを行います。
サービス名給付の種類サービス内容
共同生活援助
(グループホーム)
訓練等給付 一人で生活するには不安がある人が共同生活を行う住居で、世話人や生活支援員が、日常生活上の相談や、入浴・排泄又は食事の介護等の援助を行います。
施設入所支援 介護給付 施設に入所する人に、夜間や休日、入浴、排せつ、食事の介護を行います。

補装具費の支給
これまでの現物支給から、補装具の購入費または修理費の支給へと変わりました。利用者負担についても定率負担となり、原則として1割となります(所得に応じて一定の負担上限があります)。

対象となる補装具
義肢、装具、座位保持装置、盲人安全つえ、義眼、眼鏡、補聴器、車いす、電動車いす、座位保持いす、起立保持具、歩行器、頭部保持具、排便補助具、歩行補助つえ、重度障害者意思伝達装置

地域生活支援事業

地域で生活する障害者のニーズを踏まえ、地域の実情に応じた柔軟な事業形態での実施が可能となるよう、自治体の創意工夫により事業を実施し、障がい者の地域における生活を支えていくものです。古賀市では、地域生活支援事業として、以下の事業を実施します。

事業名内容
相談支援事業
実施機関
  • 地域活動支援センター「みどり」
  • 古賀市障害者生活支援センター「咲」
障害者、障がい児及びその家族等に対し、その相談に応じながら、情報提供、助言その他の福祉サービスの利用支援等を行います。
意思疎通支援事業 聴覚、言語機能、音声機能等の障がいによって、意思疎通を図ることが困難な人とその他の人の意思疎通を仲介するために、手話通訳又は要約筆記を行う者の派遣などを行います。
日常生活用具給付事業 在宅の障害者等に対し、日常生活用具を給付します。
  • 介護訓練支援用具
  • 在宅療養等支援用具
  • 情報意思伝達用具
  • 自立生活支援用具
  • 排泄管理支援用具
  • 住宅改修費
移動支援事業 外での移動に困難がある障害者及び障がい児について、外出のための支援を行います。
地域活動支援センター 創作的な活動や生産活動、社会との交流促進など障害者の地域活動の支援を行います。
日中一時支援事業 障害者及び障がい児を一時的に預かり、家族の負担軽減を行います。
訪問入浴サービス事業 在宅の重度の障がい者が自宅での入浴が困難な場合に、専門業者が訪問して浴槽を提供し、入浴の介助を行います。
自動車改造助成事業 身体障害者が運転を可能とするために、改造する場合において、その経費の一部を助成します。
福祉ホーム事業

住居を求めている障害者に対し、低額な料金で居室等を利用できるようにし、障害者の地域生活を支援します。

※福祉ホームを運営する事業所に対し助成します。

サービスを利用したときの費用

制度を皆で支えあうために、サービスを利用したら、原則として、費用の1割を支払います。
ただし、所得に応じて上限額が決められており、負担が重くなりすぎないようになっています。

1)利用者負担額の上限
所得に応じた区分に分けられ、それぞれに負担上限額が決められています。
区分世帯の収入状況月額負担
生活保護 生活保護世帯 0円
非課税世帯 市町村民税非課税世帯 0円
一般1
※(1)
障害児
(18歳未満)
市町村民税課税世帯で、市民税所得割が28万円未満の世帯 4,600円
障害児
(18歳以上)
市町村民税課税世帯で、市民税所得割が16万円未満の世帯 9,300円
一般2 市町村民税課税世帯で、一般1に該当しない世帯 37,200円

※(1)通所や在宅サービスの利用者のみが対象。

※補装具、日常生活用具の支給については、市町村民税課税世帯で市民税所得割が46万円以上の世帯は対象外となります。

高額障害福祉サービス費
同じ世帯に障害福祉サービス等を利用する人が複数いる場合等に、合算した額が一定の額を超えた場合は高額障害福祉サービス費が支給され、負担が重くならないように配慮されています。

※同一の保護者(一般1の所得区分に属する者に限る。)に係る複数の障がい児が、障害児通所支援又は障害児入所支援を受けている場合の負担上限月額は、該当する上限月額のうち最も高い額とする。なお、複数の条項に基づくサービスを受けている場合は、それぞれのサービスにおいて負担上限月額を決定。

2)療養介護費、肢体不自由児通所医療費及び障害児入所医療費に係る所得区分及び負担上限月額対象となる世帯月額  
所得区分負担上限月額
生活保護 0円
低所得1  15,000円
低所得2  24,600円
 一般(一般1・2) 40,200円
   

自立支援医療について

これまでの障がいに係る公費負担医療(精神通院医療、更生医療、育成医療)が自立支援医療になりました。指定の医療機関で医療を受けた場合、医療費の1割が自己負担となります。
ただし、所得に応じて負担上限額が決められており、負担が重くなり過ぎないようになっています。


自立支援医療費の支給を受けるには、古賀市への申請が必要です。申請に必要な書類については、福祉課障害者福祉係までお問い合わせください。

1)対象者
  • 精神通院医療
    総合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障がい、精神病質その他の精神疾患を有する者で通院による精神医療を継続的に要する程度の病状にある人
  • 更生医療
    18歳以上の身体障害者手帳をもつ人
  • 育成医療
    18歳未満で身体に障害を有し、治療をすることで障害を除去・軽減が可能と認められる児童
2)所得による上限
世帯の所得に応じて五つの区分に分けられ、それぞれに負担上限額が決められています。
区分世帯の収入状況月額上限額
生活保護 生活保護世帯 0円
低所得1 市町村民税非課税世帯で障害者の年収が80万円以下 2,500円
低所得2 市町村民税非課税世帯で低所得1に該当しない人 5,000円
中間的な所得 市町村民税課税世帯で市民税所得割額が23万5千円未満 医療保険の自己負担限度額と同額
一定所得以上 市町村民税課税世帯で市民税所得割額が23万5千円以上 自立支援医療費支給の対象外
3)高額治療継続者の上限
所得の低い人以外でも、高額治療継続者(重度かつ継続:継続的に相当額の医療費負担が発生する人)の場合には「(1)所得による上限」とは別に上限額が決められています。
対象となる世帯月額上限額
市町村民税課税世帯で市民税所得割額が3万3千円未満 5,000円
市町村民税課税世帯で市民税所得割額が3万3千円以上23万5千円未満 10,000円
市町村民税課税世帯で市民税所得割額が23万5千円以上 20,000円
「高額治療継続者(重度かつ継続)」とは当面は以下のような人が該当します。
●疾病等から対象となる人
  • 統合失調症、躁うつ病・うつ病、てんかん、認知症等の脳機能障害、薬物関連障害(依存症等)、精神医療に一定以上の経験を有する医師が判断した人
  • 腎臓機能障害、小腸機能障害、免疫機能障害、心臓機能障害(心臓移植後の抗免疫療法に限る)、肝臓機能障害(肝臓移植後の抗免疫療法に限る)
●疾病等に関わらず高額な費用負担が継続することから対象となる人
  • 医療保険の多数該当の人

問い合わせ先

福祉課 障害者福祉係
電話:092-942-1150
FAX:092-942-1154
Eメール:fukushi@city.koga.fukuoka.jp


このページに付箋をつける
はてなブックマークに登録
LINEで送る Clip to Evernote Check

古賀市役所
〒811-3192 福岡県古賀市駅東1-1-1 電話:092-942-1111(大代表) Eメール:info@city.koga.fukuoka.jp
市役所開庁時間 8時30分~17時(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)

現在スタイルシートが適用されていないため画面上のデザインは再現されていません。スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
Twitter
Facebook