古賀市役所

背景色変更

文字サイズ

市長室ブログ


戦後75年―終戦の日を迎えるに当たり(8月14日)

私たちは明日8月15日、75回目の終戦の日を迎えます。

戦没者の皆さま、戦災死没者の皆さま、全ての先人の皆さまに感謝し、御霊の安らかならんことを祈り、この国の平和と繁栄の意味を見つめなおすための一日にしましょう。

古賀市は8月6日の広島原爆の日、9日の長崎原爆の日にサイレンを鳴らし、市民の皆さんとともに不戦を誓い、核兵器廃絶と世界の恒久平和への決意を新たにしました。そして、15日も正午にサイレンを鳴らします。

福岡県主催の県戦没者追悼式は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、規模を縮小して開催されます。私は県議時代から参列していますが、市長となって最初の追悼式となった昨年は台風の影響で中止。そして、今回はコロナ禍の中、参列を控えることになります。古賀市内で正午を迎え、哀悼の誠を捧げ、不戦を誓います。

今、私たちが為すべきことは、戦争体験の「追体験」です。

終戦から75年が経ち、私たちが先の大戦の体験者から話を聴き、その本質を知る機会が急速に失われています。戦争は、私たち一人一人の自由を奪います。個人が尊重されることなく、幸福の追求を阻みます。戦後世代の私たちは、その実感を、「追体験」によって体得しておかなければなりません。人権を侵害する戦争の悲惨さと愚かさを真に理解をしておくこと。それが、平和で安定した社会を私たちが築いていく礎になると信じます。

だからこそ、まずは家族、親族、身近な人たちから「あの時」の話を聞きましょう。そして、子どもたち孫たちといった「次の世代」に伝えていきましょう。

古賀市は平和首長会議に加え、今年度から日本非核宣言自治体協議会にも加盟しました。非核・恒久平和都市も宣言しています。被爆クスノキ2世の全小中学校での植樹、子どもたちの修学旅行や「じんけん平和教室」のフィールドワークでの長崎訪問、福岡大空襲の記憶を伝える取り組みなどを実施しています。今後も、平和行政の推進にさらに力を入れていきます。

政治の究極目標は世界の恒久平和の実現です。不戦を誓い、あらゆる立場の人が平和で安定した暮らしを享受できる社会をつくっていく決意を新たにします。

平和への決意 子どもたちにつなごう!

長崎原爆の日―核兵器廃絶と世界の恒久平和へ(8月11日)

8月9日、長崎原爆の日。古賀市は午前11時2分、市内にサイレンを鳴らし、市民の皆さんとともに不戦を誓い、核兵器廃絶と世界の恒久平和への決意を新たにしました。

平和記念像

古賀市は平和首長会議に加え、今年度から日本非核宣言自治体協議会にも加盟し、平和行政を強化しました。これは昨年、私が長崎市を訪れた際、田上富久市長と会談したことがきっかけになりました。

古賀市は子どもたちが修学旅行や「じんけん平和教室」のフィールドワークで長崎を訪問し、平和の大切さを学んでいます。市内全ての小中学校には長崎の被爆クスノキ2世を植樹しています。

市内の小中学校に植樹している長崎の被爆クスノキ2世

私自身、長崎には何度も訪れており、2015年秋には核兵器廃絶への思いを共有するシンポジウムを開き、国連軍縮会議にも参加した高校生平和大使の皆さんからも学ばせていただきました。

政治の究極目標は世界平和。戦争体験を継承し、平和で安定した社会に向けてともに歩んでいきましょう。

   □

私たちがお互いを思いやり、一人一人を大切にする地域社会へ。花鶴小学校の芝尾大樹先生が小学生の道徳の副教材「温かい手」を独自に作成し、8月3日から授業が始まったことについて、先日のNHKや読売新聞に加え、毎日新聞(こちら)と朝日新聞(こちら)でも報道されました。

毎日新聞・朝日新聞でも報道

古賀市には福岡県内で唯一、エボラ出血熱など1類感染症にも対応できる感染症指定医療機関の国立病院機構・福岡東医療センターがあり、新型コロナの患者さんの治療にもあたっています。感染が拡大している現在、みんなで感謝の思いを伝えたいですね。

子どもたちの笑顔で心をつなぐ/道徳の独自教材「温かい手」の授業スタート(8月7日)

「ソーシャルディスタンスで離れた距離だけ、笑顔で」

77億人えがおプロジェクト

古賀市長の私も実行委員を務める公民連携の全国プロジェクト「コロナと闘う応援村」として、新たな取り組みをスタートしました。子どもたちが描いた笑顔を集め、ユーミンの「守ってあげたい」(作詞・作曲:松任谷由実/編曲:松任谷正隆)に乗せた動画を制作します。なお、この曲は応援村の公式ソングです♪

私も参加した先日の実行委員会のオンライン会議で、実行委員の松任谷正隆さんから「子どもたちに、まず何らかの働きかけができないだろうか。子どもたちと一緒に、スキンシップのできない関係を乗り越えられる『何か』を作れないだろうか」との思いが明らかにされ、提案がありました。

新型コロナウイルスの感染拡大が、私たちの暮らす地域と一人一人の生活に大きな影響を与えています。「新しい⽇常」で⽣じてしまった⼼の距離を埋めたい。今、私たちは「人を孤独にしない社会」をめざしていかなければなりません。

詳しくは、古賀市HPに掲載しています。ぜひご参加ください。(こちらから)

なお、コロナと闘う応援村の設立趣旨や実行委員など詳細はこちらをご参照ください。

   □

私たちがお互いを思いやり、一人一人を大切にする地域社会へ。古賀市のまちづくりは人権尊重が根底にあり、コロナ禍にある現在も感染者や医療従事者の方々への差別や偏見を許さない「シトラスリボン」のプロジェクトを推進しています。

そうした中、花鶴小学校の芝尾大樹先生が小学生の道徳の副教材「温かい手」を独自に作成してくださいました。主人公の「わたし」と看護師のお母さんとの会話を通し、「医療従事者が、自分や家族が差別される可能性があるにもかかわらず働くのは、新型コロナウイルスの治療に当たることが、患者の命を救うとともに社会生活を支えるからであること(勤労と公共の精神の意義)」を理解できる内容。8月3日から5年生と6年生の授業で活用しています。

先日、NHKに報道されたことは紹介しましたが、その後も複数のメディアに授業の現場が取材され、読売新聞の8月6日付朝刊で報道されています。ぜひ紙面でご覧ください。また、同社の公式サイトでも全文読むことができます。(こちらから)

読売新聞の8月6日付朝刊で報道されました

なお、医療現場とやり取りされている県議会自民党県議団の松本國寛会長から直接連絡があり、古賀市の取り組みについて激励をいただきました。とてもありがたく思います。

古賀市として引き続き、市民の皆さんとともにやさしさの輪を広げていきます。

新たな工業団地の形成へ、開発に向けた手続きを開始/広島原爆の日(8月6日)

新たな工業団地の形成に向け、重要な一歩を踏み出しました。チルドレンファーストとともに私の重要な公約である「土地利用転換と企業誘致の促進」によって古賀市の産業力の強化を図り、持続可能なまちにつなげます。

製造業を中心とした産業用地のさらなる確保を図るため、国道3号線沿いで九州自動車道・古賀インターチェンジ直近の「今在家地区」(約21.1ヘクタール)について、市街化調整区域を市街化区域に編入し、地区計画を設定するための手続きに入りました。都市計画の案の縦覧と公聴会を4日公告し、5日から18日まで計画案を閲覧できます。

今在家地区の一部の市街化区域編入の概要

今在家地区は既存の工業団地に隣接しており、工業地域とする有力な候補地でしたが、具体的な手続きに入るのは初めて。古賀市は製造品出荷額が県内有数で、特に食料品分野では60市町村で2位。交通の利便性の高さから企業進出の需要があるものの、既存の工業団地には空きがなく、新たなエリアの形成が長年の課題となってきました。

今回の計画案の縦覧や公聴会の後、都市計画審議会や県との法定協議などを経て、2021年(令和3年)4月ごろの市街化区域編入をめざします。今在家の皆さんとこれまで同様しっかりと話をしながら、市議会の皆さん、地元選出の吉田健一朗県議とも緊密に連携していきます。

   □

古賀市として、「産業力強化に向けた戦略的な都市づくり推進本部」(略称・産業力強化推進本部)の初会合を本日開催しました。

これまで企業誘致推進本部だったものを発展的に改組したもの。私の市長就任後のこの1年半余りで、従来からの企業誘致に加え、前述の今在家地区や新原・高木地区の開発計画の推進、JR古賀駅周辺活性化のための開発プロジェクトや駅を中心として市全域をつなぐコンパクト・プラス・ネットワークの検討、古賀グリーンパーク周辺への企業誘致も視野に入れた観光・物産・情報発信の拠点形成などの新たな取り組みに着手しています。

これらの実効性を高めるためには、それぞれバラバラに検討・実行するのではなく、庁内で関係各部課が一体となって、同じ目的意識のもとに様々なミッションに取り組んでいく必要があり、推進体制を見直したものです。この産業力強化推進本部を中心に魅力的なまちづくりを進めていきます。

   □

広島原爆の日。古賀市は6日午前8時15分、市内にサイレンを鳴らし、市民の皆さんとともに哀悼の誠を捧げ、平和への決意を新たにしました。

広島原爆の日

古賀市は平和首長会議に加盟し、核兵器廃絶と世界の恒久平和をめざしています。今年度からは日本非核宣言自治体協議会にも加盟し、平和行政を強化しました。

「原爆は人間の肉体も精神も壊してしまう。人間の尊厳を無視した悲劇を二度と繰り返してはいけない」。私がかつて話を聞かせていただいた広島で被爆した男性の言葉です。

戦争を体験していない私たちの世代の責務は、次世代に生きる子どもたちのために、戦争体験者から話を聞き、「追体験」すること。皆さんとともに先の大戦の記憶を風化させない取り組みを進めていきたいと思います。

「子どもの貧困」情報交換会で講演―古賀市のチルドレンファーストを説明(8月5日)

「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークのオンライン情報交換会が2日開催され、講演の機会をいただきました。新型コロナウイルス対策で、古賀市が「チルドレンファースト」の理念のもとに取り組んできた施策とその背景を説明しました。

「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークのオンライン情報交換会で講演の機会をいただきました

全国から子どもを取り巻く課題の現場で活動する市民の皆さん、学識経験者、国政や地方政治の議員や関係者の皆さんなど200人以上が参加。多くのご意見や反応をいただき、感謝します。

まず、現実に経済的困窮状態にある子どもを支えることはもちろん、全ての子どもが生きやすくなる施策を講じることが、子どもの貧困対策として重要との私の考えを申し上げました。

子育て世代の経済的困窮を支援する取り組み

そのうえで、私からは有事における現場主義に基づいたスピード感ある対応の必要性と、それを実現させる際に乗り越えるべき課題も含め申し上げました。今回の有事は、国からの財政措置を待っていては現場の窮状が深まるばかり。これを待たずに、限定的ながらも把握しうる状況の中で「その時点で最善の判断」と考えられることを首長の覚悟と責任で決めていくことが大切と実感しており、このことも申し上げました。

お話ししたポイントをまとめると以下。

①有事も平時も、まず「子ども」
②特に「経済的困窮」に焦点
③「木を見て森を見る」大切さ
④「異例」に弱い行政を説得
⑤「スピード感」ある決断と実行
⑥職員の「感性」を大切に

こうした機会をいただいた「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークの皆さんに感謝を申し上げます。また、ともに講演させていただいた東京都豊島区の取り組みも、私にとって学びになりました。ありがとうございました。

これからも様々な状況にある子どもやご家庭を支え、誰もが生きやすいまちづくりを一歩一歩進めていきますので、皆さんのご指導のほどよろしくお願いします。

   □

夏本番。市役所前には市の人権の花・ヒマワリが咲いています。

市役所の人権の花・ヒマワリ

古賀市内の小中学校は夏休み第1弾を終え、今週、子どもたちは登校しています。8日から夏休み第2段が16日まで続きます。新型コロナウイルスによる臨時休校の影響で普段より短いですが、比較的取れていると思います。

なお、古賀市の小中学校は従来より2学期制を採用しています。

古賀市に博多人形のアマビエが登場/中高生の吹奏楽部演奏会を開催(8月3日)

古賀市に博多人形のアマビエを寄贈していただきました。

博多人形師の鶴田加奈子さんからアマビエを寄贈していただきました

制作者は博多人形師の鶴田加奈子さん。7月31日、市役所で寄贈を受けました。鶴田さんは昨年のラグビーワールドカップからご縁があり、古賀市出身の福岡堅樹選手をはじめ日本代表選手のラガードールや干支の人形を寄贈していただいています。

制作者は博多人形師の鶴田加奈子さんと これまでに寄贈していただいた干支の人形と古賀市出身の福岡堅樹選手のラガードールと一緒に玄関に飾っています

早速、市役所玄関の福岡堅樹選手ラガードールと一緒に飾っています。リーパスプラザこがやサンコスモ古賀でも見ることができますよ。

リーパスプラザこがにも飾っています サンコスモ古賀にも飾っています

みんなで力を合わせて、新型コロナウイルスの難局を乗り越えていきましょう!

   □

古賀市内の3中学校と2高校の吹奏楽部の演奏会「School Brass band Festival in Koga」が8月1日、リーパスプラザこが大ホールで開催されました。

「School Brass band Festival in Koga」

新型コロナウイルスの影響で部活動の大会が中止となる中、3年生にとっては「集大成の場」となりました。この3年間の成長を自信につなげ、これからの人生に生かしてほしいと思います。

会場は感染拡大防止策を徹底しました。関係者のみが入場可能とし、1校終わるごとに文化協会の皆さんのお力で長時間の換気と消毒が行われました。

古賀市はチルドレンファーストを掲げ、子どもを大切にするまちづくりを進めています。芸術文化が暮らしに息づくことで、私たち一人一人の人生と地域全体が豊かになります。厳しい状況の中で開かれた今回の演奏会で、「まちの未来」の可能性が確実に広がりました。主催してくださった古賀市文化協会の皆さんに心から感謝いたします。

   □

新型コロナウイルスの影響で市民生活全般における対策が求められ続けており、現在、これまでの半年余りで行ってきたことを踏まえ、全庁を挙げてさらなる対策の検討を集中的に進めています。様々な場面における感染拡大防止策が全てのベース。そのうえで今後のまちづくりにつなげる取り組みも推進する予定です。これまで同様、決定次第、順次ご報告していきます。

道徳副教材「温かい手」―新型コロナの差別をなくす/大塚製薬さまと健康づくりで包括連携協定を締結(7月30日)

新型コロナウイルスによる差別や偏見をなくすため、古賀市立花鶴小学校の先生が小学生の道徳の副教材を作成しました。8月3日から5年生と6年生の授業で活用していきます。

早速、NHKが29日夕方のニュースで報道してくれました。

NHK ニュース610

古賀市には、福岡県で唯一、エボラ出血熱などの1類感染症も受け入れる感染症指定医療機関である国立病院機構・福岡東医療センターがあり、新型コロナウイルスに感染した多くの患者さんも治療を受けています。古賀市としては患者さんや医療従事者への差別や偏見を許さない「シトラスリボン」を広げる活動も積極的に展開しています。

こうした中、花鶴小学校の芝尾先生が道徳の副教材「温かい手」を独自に作成。主人公の「わたし」と看護師のお母さんとの会話を通し、「医療従事者が、自分や家族が差別される可能性があるにもかかわらず働くのは、新型コロナウイルスの治療に当たることが、患者の命を救うとともに社会生活を支えるからであること(勤労と公共の精神の意義)」を理解できる内容となっています。

花鶴小学校の芝尾先生が独自に作成した道徳の副教材「温かい手」

やさしさの輪を広げる。働くこととは何か、この社会で共に生きていくこととは何か。古賀市の子どもたちに教え、伝えてくれている学校現場の皆さんに感謝します。

   □

古賀市は健康づくりなどをさらに推進するため、大塚製薬株式会社さまと包括連携協定を締結しました。30日に調印式を実施し、同社の笠間康久・福岡支店長と協定書を交わしました。

大塚製薬株式会社さまと包括連携協定を締結

古賀市は持続可能な都市に向けて、まちづくりの方針の柱に「健康・安心」を掲げ、様々な事業を展開しています。これまでも、市内事業所や近隣自治体と連携し、チームで歩数を競う「歩く王決定戦」や、自治会単位で住民の皆さんが主体的に健康意識を高める「ヘルスステーション」などに取り組んできました。

今回の協定締結は、超高齢社会を迎える中、いずれ高齢者になる働く世代の日常的な健康づくりや高齢者の介護予防などをさらに促進するため、公民連携で知恵を出し合い、新たな取り組みを生み出すきっかけになると考えています。こうした機会をいただいた大塚製薬さまに心から感謝いたします。

中川熊鶴線の車道拡幅が実現―「離合」可能に(7月29日)

長年の懸案だった「離合」が可能になりました。

古賀市の都市計画道路・中川熊鶴線の久保区内の整備が進み、車道が片側1車線幅(両側2車線幅)になりました。ちなみに「離合」は九州(西日本?)方面の方言らしく、車がすれ違うこと。

古賀市民の皆さんには周知ですが、私が子どもの頃から久保のテニスコート下の周辺は離合ができず、思いやりとゆずり合いで行き交っていました。

都市計画道路・中川熊鶴線整備の状況 都市計画道路・中川熊鶴線 

中川熊鶴線の整備は県の所管。2011年4月に私が県議に就任する前から筑紫野古賀線から西に200メートルの整備が進み、私の県議就任以降もさらにその先の当該エリアについて、県職員の皆さんの尽力で地元との合意形成、詳細設計や地権者の方々との交渉などが前進し、工事に着手していました。ご協力いただいた皆さんに感謝します。

現在は車道がほぼ終わり、歩道の整備が進められているようです。完成すると、車道と歩道を合わせて幅員16メートルになります。

都市計画道路・中川熊鶴線

さらに今後は、国道3号線との接続という重要な仕事が残っています。地元選出の吉田健一朗県議とともに、継続して県市連携で進捗を図っていきます。

古賀市の取り組みが国語(読解力)の問題に―高校生等支援事業(7月28日)

新型コロナウイルス対策で古賀市が独自に実施した高校生等支援事業。全てのご家庭に申請書類を郵送する際、「中学時代の恩師からのメッセージ」をリーフレットにして同封したことについて、西日本新聞が7月10日付朝刊で記事にしてくれていましたが、このたび、その記事が同紙の「小学生特別版」で読解力を鍛える特集に活用されました。

問1 古賀市の職員が編集したものを次から一つ選んでください。
①職員が高校生を励ます言葉を書いたリーフレット
②中学校の先生が高校生を励ます言葉を書いたリーフレット
③高校の先生が生徒を励ます言葉を書いたリーフレット

問2 古賀市の職員は、なぜリーフレットを作ろうと思ったのですか。

問3 受け取った高校生の反応が書いている部分を記事から抜き出してください。

小学生特別版がどのように配布されているかは分かりませんが、少なくとも小学生のお子さんがいらっしゃる古賀市のご家庭には学校から配布されているかと思います。わが家にも届きました。

西日本新聞「小学生特別版」

元の記事はウェブで読めますのでぜひご一読いただき、上記の問題に挑戦してみてください!(こちら

   □

27日、市内在住の方に新型コロナウイルス感染症の陽性患者が2名確認されました。前日に陽性が確認された方の接触者で、7例目、8例目となります。感染された方の回復を心よりお祈り申し上げます。

感染者や医療従事者の方々への差別や偏見を許さず、社会全体で守っていくことが大切です。古賀市はシトラスリボンプロジェクトに賛同し、感染された方などの人権への配慮を呼びかけています。シトラスリボンは市役所などで配布しています。

市民の皆さまにおかれましては、引き続き、3密の回避や距離の確保、マスク着用・手洗いの徹底など「新しい生活様式」を強く意識し、感染拡大防止のための行動をあらためてお願いいたします。

県からの連絡に基づく概要は市HPのこちらをご参照ください。

全ての中学3年生に学習支援ソフト入りのタブレットを配布へ(7月27日)

新型コロナウイルスの影響を乗り越えるため、古賀市は全ての中学3年生に対し、学習支援ソフト「スタディサプリ」を導入したタブレット端末を独自に配備しました。高校受験にも対応できるようにするもので、有事におけるチルドレンファーストの一環。

学習支援ソフト「スタディサプリ」を導入したタブレット端末を独自に配備

新型コロナによる様々な遅れについて、学校の授業に加え家庭での自学自習で効率的に取り戻し、万が一の休校などによるオンライン学習支援にもつなげることが目的。8月上旬の3者面談で趣旨を説明し、全ての3年生に渡します。通信環境を整備する経済的困窮家庭には通信料を補助します。5月臨時会で成立した補正予算に盛り込んだもの。

私も現物を確認しましたが、「もう一度勉強をしたい!」と思える内容でした。先生方が生徒の学習状況の実態を把握するためにも有効です。勉強は個々人が努力をするもの。全ての中学3年生に貸与するので効果的に活用してもらうことを期待します。

   □

26日、市内在住の方に新型コロナウイルス感染症の陽性患者が1名確認されました。古賀市での確認は4月29日以来約3カ月ぶりで、6例目となります。感染された方の回復を心よりお祈り申し上げます。

現在、全国的にも感染が拡大傾向にあります。市民の皆さまには冷静に受け止めていただき、引き続き、3密の回避や距離の確保、マスク着用・手洗いの徹底など「新しい生活様式」を強く意識し、感染拡大防止のための行動をあらためてお願いいたします。

なお、感染者や医療従事者の方々への差別や偏見を許さず、社会全体で守っていくことが大切です。古賀市はシトラスリボンプロジェクトに賛同し、感染された方などの人権への配慮を呼びかけています。シトラスリボンは市役所などで配布しています。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

シトラスリボンは市役所などで配布しています

概要は市HPのこちらをご参照ください。



カテゴリ:General
過去のアーカイブ月別一覧RSS/WebFeed
Powered by Nucleus CMS.


このページに付箋をつける
LINEで送る

ページトップに戻る

翻訳ウィンドウを閉じる
Multilingual Living Information website【多言語生活情報サイト】
日本の生活で困ったことはありませんか?必要な情報を正確に届けるため13もの言語で、安心して暮らすためのたくさんの情報を提供します。

【Multilingual Living Information website】
Do you have any trouble with your life in Japan? We are going to provide you a lot of information for your safety Japanese life using 13 languages .

Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba> 【福岡県国際交流センター<こくさいひろば>】
福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。海外からの留学生の窓口、アジア若者文化の発信拠点として様々な事業を行うほか、安心して暮らすための情報提供をします。

【Fukuoka International Exchange Foundation<Kokusaihiroba>】
“Kokusaihiroba” is kind of organization for all Japanese and foreigner in Fukuoka prefecture.
“Kokusaihiroba”offers various activities as information center for foreign students and young Asian culture in addition to safety and comfortable Japanese life.